建設経営研究所のコンサルティング方法は、経営改革実行の最も効果的な方法を考えて形にしたもので、とてもシンプルなものです。

以下にコンサルティングの基本的ステップを説明します。

 

①ヒヤリング

  • 企業の状況、抱えている問題・課題、要望などをヒヤリング
  • 建設経営研究所のコンサルティング方針について説明
  • 方針に同意された場合は、契約スタートとなります。

 

②社内に経営改革チームを結成

  • チームメンバーの選出(やる気と能力と理解力のある人、各部から原則1人以上)
  • 目標・実行ルールの合意形成
  • これからやるべき手順を説明
  • リーダーおよび各人役割分担の確定
  • 発足を宣言(社内)

チーム発足以降の作業は、経営改革チームが主体となります。

 

③現状分析、見える化

同じ社内のメンバーでも立場や所属部署により現状認識が違います。まずは、希望的観測や思い込みを排除し現状認識をチームメンバーで共有します。

  • 経営改革チームによる現状調査の作業分担
  • 現状調査結果の発表とディスカッション
  • 調査結果のまとめ、見える化
  • 現状認識、問題と課題の共有

※この段階は、現状認識をめぐって反発やトラブルが発生しやすいため、状況合わせて柔軟に対応します。

 

④経営改革計画策定

戦略部分

  • 目標の設定:3~5年先のあるべき姿
  • 目標と現状とのギャップの明確化
  • 目標達成のためのストーリー、根拠の明確化(戦略マップなどで見える化)

 

計画部分

  • 目標の細分化(各部門への落とし込み、長・短期目標設定)
  • 実行・検証計画の具体化(手順や内容の設計)
  • 実行組織・会議体の設定
  • スケジュールの設定(長期・短期スケジュール)

 

⑤実行と検証

  •  経営トップより、全社への実行宣言と内容の説明
  • 毎月の経営会議・検討会により進捗内容を発表
  • 進捗状況や効果を検証、改善

※毎月検証し、状況に応じた対応を行い、経営改革を目標達成に向けて進捗させます。

※自律的な運営状況に応じて、コンサルティングの訪問回数は減らしていきます。