建設経営研究所のコンサルティングでは、経営活動における基礎的要件の確立を重視しています。経営もスポーツと同じで基礎ができていないと上手く行かないからです。

建設経営研究所が考える「経営活動の基礎的要件」について、以下に5つにまとめました。

①シンプルであること

  • 経営活動を「顧客に提供する価値の増大」に集中していること
  • 顧客価値と関係のない仕組みや組織の肥大を抑えること

②オープンであること

  • 職務プロセスや数値をブラックボックスにしないこと
  • 全体目標を共有し、なんでも言える雰囲気を作ること

③スピードがあること

  • 「問題発見」、「意思決定」、「実行」までの期間を短縮し、対応の早さがあること
  • 組織全体がサプライチェーンを認識し改善できること

④永続的であること

  • 経験主義を抑え、根拠ある経営活動をすること
  • 長期的に視野に立ち活動すること
  • マネジメントサイクル(pdca)(長期、短期)が確立していること

⑤主体的であること

  • 経営目標を社員が共有し、主体的に自分で考えて行動できること
  • 社員個人の目標と会社の目標が一致していること

詳細について、個別に述べます。(①~⑤の各リンク参照)