顧客とコンサルタントに信頼関係がなく、顧客は断片的な情報しか出さず、コンサルタントが顧客の顔色ばかり気にしている状況では、成果は生まれないでしょう。

コンサルティングの効果を最大化するためには、顧客とコンサルタントが目標と情報を共有していることと、フリーに目的のための議論(ディスカッション)できることが重要です。

礼儀作法に過度にこだわったり、反対意見に聞く耳を持たない方は、初めからコンサルタントを活用しない方がよいです。

建設経営研究所では、コンサルタントは顧客にとって水か空気のような当たり前の、なんでも言える存在であるべきであると考えており、相互尊重し、顧客の志を共有する長期的なパートナーとなることを目標としています。